1. ホーム
  2. こんな子には青汁がおすすめ
  3. ≫子供のビタミン不足で心配なこと

子供のビタミン不足で心配なこと

五大栄養素農地不足しがちなビタミン・ミネラル

食事はバランスよく、というのは当然のことではありますが、中でも不足なく摂りたい栄養素として炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルを「五大栄養素」と呼びます。
このうち炭水化物・脂質・タンパク質は、活動エネルギーとなる栄養素です。タンパク質は分解されてアミノ酸になり、筋肉や内臓、細胞の原料となるという大事な役割も持っていますが、炭水化物や脂質が足りない場合はエネルギー源ともなり得る栄養素です。
ダイエット中の方や女性の多くが気にする「カロリー」はこの3つの栄養素の摂取量と大いに関係があるということですね。
では、ビタミンやミネラルはなぜ必要なのか?というと、この2つはエネルギー源としての役割ではなく、体の調整が主な役割です。エネルギーや栄養素を筋肉や神経に運んだり、新陳代謝を促したりするのはビタミンB群の働きです。
またビタミンCが風邪予防に良いと言われるのはご存知の方も多いのではないでしょうか。お肌の調子を整えるのもビタミンの働きですね。
またカルシウムや鉄分といったミネラルは骨や血の原料となる栄養素ですから、特に成長期のお子さんは不足せずに摂りたい栄養素です。