1. ホーム
  2. こんな子には青汁がおすすめ
  3. ≫子供の肥満対策|ダイエットに青汁を利用してみよう

子供の肥満対策|ダイエットに青汁を利用してみよう

子供の肥満は生活習慣病のもと!ダイエットおやつに青汁を

ダイエットをするためには、食生活と運動面からのアプローチが鉄則です。
「摂取カロリー<消費カロリー」にすることができれば、余分な脂肪は自然に消費されていきます。
しかし、同じカロリーを摂取しても太りやすい人もいれば全く肥満とは無縁の人もいるのはなぜでしょう?
これは、1人1人の基礎代謝量の差が関係してきます。体質による代謝量の差もありますが、基礎代謝量の差は生活習慣によるものが大きく、食べるもの(栄養バランス)を変えることで、エネルギー代謝が変わります。
ごはんやパン、麺類などの炭水化物やクッキーやケーキなどの糖質の多いものを多く食べると、エネルギー(カロリー)だけは多いですが、そのエネルギーを消費するために必要なビタミンやミネラルがほとんど摂れていない状態です。
野菜に含まれるビタミンやミネラルはお肌の美容などのためにも大切ですが、カロリーを使うためにもなくてはならない栄養素なんです。
また、食物繊維が豊富な野菜は、老廃物を体の外に出すためにも一役かってくれています。
現代の食生活ではビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な野菜の摂取量が少なく、ファストフードやコンビニのお弁当、ファミリーレストランなどに頼ってしまうことも多いですが、外食ではなかなか野菜を摂ることができないのが問題となっています。
青汁は水や牛乳に溶かすだけで手軽に不足しがちな栄養素を補うことができます。
子供の肥満対策に利用するためには、おやつやごはんの前に低糖である青汁を牛乳に混ぜてあげてみたり、ホットケーキなどに青汁を混ぜて焼いてあげるのもおすすめです。
子供は無理なダイエットはできませんが代謝は大人に比べて良いですから、ちょっとの工夫でダイエットの結果がでやすいのです。
普段から外で遊ぶなど体を動かすことを意識しつつ、青汁などで栄養バランスを補ってあげましょう。