1. ホーム
  2. 青汁 人気メーカー商品の詳細
  3. ≫里の青汁

里の青汁

乳酸菌も一緒に摂れる「里の青汁」

「里の青汁」はケール、ゴーヤ、桑の葉など、栄養たっぷりの 原料に加え、生きて腸まで届くビフィズス菌、健康野菜の王様「すいおう」などが原料になった青汁です。
聞きなれない野菜ですが、すいおうとは、さつまいもの葉や茎が美味しく食べられるように開発された新しい野菜です。カルシウムはほうれん草の約2.8倍、鉄分はニラの約2.8倍、マグネシウムは小松菜の約3倍、ビタミンB1はキャベツの約2倍、ポリフェノールはなんとブロッコリーの約4倍の量ふくまれているまさに栄養の宝庫。野菜不足を補いたい人にはぴったりのすいおうを使って作られた青汁です。
また同時に摂れる乳酸菌にも注目です。便秘や下痢などのお腹の症状の原因となる腸内環境の乱れを正常にするために働いてくれるのが善玉菌ですが「里の青汁」は善玉菌を活性化するビフィズス菌を配合しています。
栄養バランスが整っている上、善玉菌が一緒に摂れるため、おなかの健康が気になる人におすすめです。味もとても飲みやすいので育ち盛りの子供でも飲みやすいのは、お母さんにとっても嬉しいですよね。
また、食の安全面から見ても「里の青汁」は安心してお子さんに飲んでもらうことができます。原料となるすいおうは、熊本県の契約農家で完全無農薬でつくられた有機野菜です。またその他の原料も、国産の有機野菜を厳選しています。